タブレットには「SIMロック」が施されているもの

通常のスマホや外でも接続できるタブレットには「SIMロック」が施されているものと、ロックがかかっていないSIMフリーのものがある。

docomo、KDDI、Softbankなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMにロックがかかっているのです。

しかし端末にSIMロックがかかっていても、ドコモの端末であれば、docomoのネットワーク回線を利用しているMVNOの格安SIMのSIMカードをそのまま利用することができます。

今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。

格安SIMがよくわからない人や、メインで使っていけるサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、ドコモやauが提供している格安SIMを選ぶことをオススメします。

安くデータ通信ができる「格安SIM」。

月額1000円前後の格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。

LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、そんな状態でも重いデータや動画以外であれば、インターネットやメールは問題なくできます。

格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、docomoのiPhoneがそのまま使えます。

auやソフトバンクのiPhoneは残念ながら使えません。

そのような方は、SIMフリーのiPhoneを購入するか、SIMロックを解除する、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。

今あるスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、使うことはできないのです。

それは、端末側で携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、格安SIMの場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

格安SIMが使えれば、通信費の削減が出来ます。

au等ですと月に7000円以上もかかってきますが、MVNOだと月に1000円程度ということも。

一度、見直しを考えてみてもいいかもしれませんね。

今、格安SIMを販売しているたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。

したがって、スペック上の通信速度は「最大150Mbps」など、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。

とはいえ、速度を実際に計ってみると提供元によって違うことがあることに気づきます。

例をあげると、アクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。

いろいろな仮想移動体通信業者もdocomoの回線を使用しているにも関わらず、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、データ回線の太さと設備のところに影響を受けるということがあります。

「回線の帯域の太さ」とこの「設備」とはMVNOによって異なっています。

そもそもSIMとは、ドコモでは「UIMカード」、KDDI(au)ではauICカード、Softbank MobileではUSIMカードと呼ばれているICカードのことを指しています。

携帯端末に、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、格安SIMを入れて使うと、通信料が安くつけるので、最近注目されるようになっています。

普通は、データ回線がふとければアクセスが増えたとしても、速度低下に陥ることがなく、設備投資がしっかりしていれば、データを安定して処理できるので混雑時でもユーザーがストレスを感じにくい、と言われています。

したがって事業者を選定の際には、価格だけでなく回線や設備の品質も含めて選ぶ際の基準とする必要があることが分かります。

お世話になってるサイト>>>>>格安SIMのおすすめ。通話ももちろんOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です