体に良くないペットフードと言うのは

ペット用、犬や猫向けの自動給餌器には、2つのタイプがあります。

「フードストッカー」と「トレイタイプ」です。

それぞれで良い点、悪い点があるので、普段の生活やエサのタイプでまずは選ぶことになりますね。

犬の食事の回数は朝と夜の1日1~2回が原則ですが、もしできれば1日の量を3回なんかよりも分けてあげてください。

ちびちび食べることで消化吸収力がアップするのです。

犬はえさの量よりも頻度で満足すると言われています。

えさをもらえる度数が多いほど、犬に対しては嬉しい時間が、増加して心もおなかも喜びます。

自動給食機の基本機能は、タイマー設定で自動的に犬や猫にご飯をあげること。

細かい作りはメーカーによってさまざまで、1日に設定できる時間の数が決められているものから、何度でも自由に時間設定ができるものまであります。

時間になると蓋が開いたり、自動的にペットフードが出てきたりして、犬や猫にえさを与えてくれます。

最近は給餌だけでなく、新機能満載な自動給餌器がみるみろ発売されてきていて、なおさら便利になってきています。

ネルソンズドッグフードはイギリスのトップブリーダーが開発した「穀物不使用」「人工添加物不使用」の高品質なフードです。

アレルギーの原因になりやすい素材は一切使われておらず、栄養豊富で消化吸収が高くお腹にも優しいので便の改善にも効果的。

ペットフードはスーパーまたはペットショップなどで買える最も一般的なドッグフードには、袋入りの乾燥した固形のドライタイプと、缶、真空パックで売っている柔らかいウェットタイプの二種類があります。

ドライタイプでは水分が抑えられる一方、ウェットでは6割から9割程度水分が含まれています。

ちなみに半生タイプの水分は25%から35%程度。

ドライタイプのメリットは開封しても保存でき、手軽さと安価さから好まれています。

ウェットタイプは開封しちゃうと長持ちしないので、ちょっとコスト的にはかかるかもしれません。

ドッグフードは、人間が食べても大丈夫なものを選ぶようにしましょう。

犬の体に良くないペットフードと言うのは、農薬がたくさん残っていて出荷できない野菜など、人に害がある食材も含まれていたりします。

人が食べると害があるものは、人より内臓機能が弱い犬たち、猫たちにとって良いはずがありません。

なお、新鮮な材料を使っているペットフードは、動物たちの食いつきも良いので、添加物など、害がある物質での加工の必要が無くなるのです。

とは言え、飼い主さんが食べてみるわけにもいきませんよね。

エサに使用されているお肉、野菜などが新鮮かどうか、人が食べても大丈夫なものかは、製造元ウェブサイトに記載されているので、チェックするとよいでしょう。

原料にうしろめいたいことないペットフードであれば、Webページにしっかりと記載されています。

えさで一番大切なのは、栄養のバランスです。

ペットのご飯といってもペットショップやホームセンターに行ってみると様々なものがあり、選ぶのもなかなか難しいと思います。

動物の体が必要とする栄養素は、炭水化物、脂質やビタミンなどと人とあまり変わりませんが、人間と犬と猫ではそれぞれ適切な栄養バランスは違ったりします。

よく読まれてるサイト:うさぎの餌ってどうなの?自動あげることできますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です