値段だけでなくサービス品質も考慮してMVNOを選択した方が良い

たいてい、回線帯域がしっかりしていれば、一気にアクセスが増加しても、通信速度は下がることなく、設備投資がしっかりしていれば、データを素早く処理できるためユーザーが増えた場合においても、速度の低下はあまり発生しません。

以上のことから会社を選ぶ際は、値段だけでなくサービス品質も考慮してMVNOを選択した方が良いことが分かります。

格安SIMや格安スマホを販売しているたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。

そのため、仕様としてのデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。

とはいえ、速度を実際に計ってみると仮想移動体通信事業者によって違っています。

例えば、利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。

いろんな会社もドコモのネットワークを使用しているはずですが、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、「回線帯域の太さ」と通信設備に大きく影響されることがあるためです。

「帯域の太さ」と「設備」とは会社によって異なるものです。

格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。

ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、docomoのiPhoneがそのまま使えます。

でも、ソフトバンクとauのものは実は使えないのです。

そのような方は、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、SIMロック解除をなんとかする、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。

仮に格安SIMを使うことができれば、携帯電話料金を安くできます。

docomo等だと6000円以上かかる料金が、格安SIMだと1000円未満という費用になることも。

ここはひとつ、確認してみても悪くないのではないでしょうか。

今あるスマホにSIMをセットしただけではインターネット接続できないのです。

理由はスマホでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

SIMとは何かというとドコモでは「UIMカード」、KDDIでは、auICカード、Softbank MobileではUSIMカードという名前のICカードのことを指しています。

携帯電話に、大手キャリアのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、かなり注目されているわけです。

通常のスマホやタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、ロックされていないSIMロックフリー版がある。

NTTドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアが販売しているスマホやタブレットは、他の会社のSIMは使えないSIMロックが施されています。

でも、SIMロックがかかっていたとしても、docomoの端末の場合は、ドコモ回線を使っている会社の格安SIMを利用することができます。

安価にデータ通信ができる格安SIM。

月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。

LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、インターネットやメールは問題なくできます。

ドコモや最近はauなどもとうとう格安SIMの提供を始めています。

よく分からない会社のサービスは不安という方や、これだけで使っていける安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、NTTdocomoやauから出ている格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

よく読まれてるサイト⇒かけ放題はあるのか?おすすめの格安SIM業者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です