葉酸は体に不可欠な栄養素

葉酸は重要なビタミンの一種で、妊娠初期に細胞が分裂するのを助け、血液を作る作用があります。

さらには妊娠にも効果的な役割を果たし、受精卵が着床しやすいようサポートしてくれ、それだけで妊娠確率が上がるので、タイミング療法と組み合わせる人も多いです。

それに、血液が増えると血行が良くなり冷えも改善され、生殖機能を含む代謝が活発になり、不妊状態を打破するために大いに役立つのです。

葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促し、先天性の障害を発症させるリスクを低減させるものだと言われています。

ですから、妊娠初期や妊娠前の女性には無くてはならない栄養素なんですよね。

ですが、どれだけ大切な栄養素だからといって、過剰摂取は禁物ですから、一日の適切な摂取量を守って下さい。

これは、特にサプリや健康補助食品を利用されている方に知っていただきたいのですが、こうしたものは、食事で摂れる葉酸よりも、ずっと多い葉酸が含まれています。

それゆえ、簡単に大量摂取してしまう危険性がある為、サプリでの摂取は、定められた用法を守るようにしましょう。

葉酸の過剰摂取によって、食欲不振や吐き気といった副作用が出ることがあるとの報告があります。

また、赤ちゃんへの影響はどうかと言いますと、喘息になりやすいといったケースがあります。

今、妊娠の可能性がある方や、妊娠初期の方にご一読していただきたいのですが、食事で摂取できる葉酸の値を意識してみてください。

通常の食事での摂取とは別に、さらに葉酸の補給をするように厚生労働省によって勧告されています。

葉酸は様々な食材に含まれている栄養素ですが、理想的に摂取することによって、胎児の神経管閉鎖障害発症のリスクを下げる効果があるからです。

サプリメントによる補給もおススメですが、赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。

ですから無添加の葉酸サプリメントを見極めることも大事です。

友達と話していたら、葉酸サプリの話題が出ました。

ベルタが販売している葉酸サプリが一番良いと、目をつけているようでした。

友達はいつから飲むものなのか迷っていたのですが、私が葉酸は妊娠前からちゃんと摂った方が良いと雑誌で読んだことがあったので、友達にアドバイスしました。

友達には悲しんで欲しくないですし、元気な赤ちゃんが生まれるといいなと応援しています。

葉酸についてですが、今では産婦人科においても、摂取が推奨されている事をご存知ですか?実際に産婦人科や病院の方針によっては、葉酸サプリを配布しているケースもあるのです。

とはいえ、妊娠初期に葉酸を積極的に摂っていなかったと不安になっている妊婦さんも多いと思います。

もし、こうした方法で摂取をしていなかったとしても、問題はありません。

葉酸は自然の食品にも含有しています。

例えばほうれん草や肉類、果実等にも多く含まれています。

ですから、サプリによる摂取が無くても普通の食生活を送っていれば、多少は摂取できているという事ですね。

妊娠を希望している方や、妊娠を計画されている方に知って頂きたい話なのですが、この時期に気を付けるべき栄養素として、亜鉛が妊娠に重要な役割を与えています。

亜鉛不足に陥らないよう気を付けてください。

なぜかと言うと、亜鉛は卵巣に作用し、グレードの高い卵子を成育するために、欠かせない栄養素だという事が報告されているからです。

妊娠を希望している女性だけでなく、妊活中の男性にも効果があります。

それは、亜鉛の摂取によって精子が活性化することを手助けしてくれるという訳です。

妊娠はどちらか一人ではできません。

元気で健康な赤ちゃんを授かる為にも、夫婦での亜鉛の摂取をすすめてみてください。

葉酸はどのように摂るのが一番良いのでしょうか?やはり普段の食生活で摂れたら良いですよね。

具体的に、葉酸を多く含む食品は、夏が旬のモロヘイヤですとか、小松菜、菜の花などを挙げることが出来るでしょう。

また、他にも納豆や枝豆などの大豆製品、ホタテなどの貝類も該当します。

葉酸の含有量が多い食品は様々にありますが、これらを継続的に摂るというのが大変だという方は、無理をせずサプリメント等を活用するのがおススメですね。

サプリなんて、と感じる方も居るかもしれませんが、サプリでの摂取は厚生労働省も推奨している摂取法ですし、理想的な摂取量を簡単に摂取できるという訳ですね。

妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。

妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に適切に葉酸が補給されないと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる可能性が高くなるそうなのです。

こうした事を踏まえ、妊活中から妊娠3か月の期間、日常的な食事以外に、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。

葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビタミンB群の一種です。

野菜の中では代表的なものですと、ホウレンソウやブロッコリーに多く含まれています。

葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。

なぜなら推奨量の摂取を続けることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。

厚生労働省の発表によりますと、受胎前から妊娠初期の方には1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際に食事だけでまかなおうとするのはなかなか大変なようです。

そのような場合はサプリメントで葉酸を補給するのも大丈夫です。

妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することで胎児の先天的な神経管障害が発症しにくくなることが判明しました。

このような研究結果から、妊婦が葉酸を積極的に摂ることを厚生労働省が推奨しており、葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうちトクホ(特定保健用食品)に指定され、妊婦に特に利用されているといったこともあるようです。

こちらもどうぞ>>>>>子供の偏食対策に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です