バランスがストレスにより崩れる

胎児が元気に成長するために最も重要な働きをするのが葉酸です。

食事による摂取が一般的ですが、簡単に適切な量の葉酸を補給できる、という点では葉酸サプリを飲むのが良いと思います。

いつまでサプリを飲み続けるのか、という問題ですが、一般的には「妊娠前から授乳期の終わり」までだと言われていますよね。

胎児の成長に、葉酸が最も必要となる時期が、妊娠初期の3ヵ月間だということは良く知られています。

とはいえ、赤ちゃんだけでなく、ママの健康を支えてくれる点においても重要な役割を果たしているのです。

ですので、受胎時には十分な葉酸が補給できているように、妊活時から飲み始めて、赤ちゃんへの授乳が終わるまでをサプリによる葉酸の補給期間とすることが、最も適切だと考えられます。

葉酸は重要なビタミンの一種で、妊娠初期に細胞が分裂するのを助け、血液を作る作用があります。

この効果は不妊改善にも有効で、子宮に受精卵が着床しやすくなり、妊娠のチャンスが直接的に増えるというわけです。

また、葉酸で血液が増えれば新しい血が体の隅々に栄養と酸素を届け、ホルモン、代謝、生殖機能といった広い範囲で向上が見られ、不妊対策に良い結果をもたらすのです。

冷え性は不妊を招くと言われています。

体温が低い状態が続くと血行が悪くなり、摂取した栄養がうまく活用できなくなって、排卵障害や子宮の機能が低下することが知られています。

最近、冷え性の緩和にお灸が脚光を浴びています。

血行不順を緩和して代謝機能を底上げするだけでなく、施術中のリラックス効果もあるのが魅力です。

赤ちゃんを迎えるには子宮を温めることが大切です。

実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。

葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。

そのため、妊娠初期に十分な葉酸を摂取できない場合は、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症する可能性が高くなるそうなのです。

胎児の栄養は全て母体から賄われています。

胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、普段の食事にプラスして、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。

妊活中や妊娠初期に必要不可欠な葉酸ですが、いかに大切な栄養素であっても、過剰摂取は禁物ですから、一日の適切な摂取量を守って下さい。

中でもサプリは普段の食事の数倍にも及ぶ葉酸が含有していますから、正しい飲み方で摂取するようにしましょう。

実際に葉酸を摂りすぎると、どのような影響が出るのでしょうか?葉酸の過剰摂取は食欲不振や吐き気といった副作用が出ることがあるとの報告があります。

胎児は喘息を発症するリスクが上がるという報告があるようですから、適切な量の摂取を守るようにしましょう。

皆さんご存知のように、妊娠とビタミンの一種である「葉酸」は切り離して考えることは出来ない程、関係の深いものです。

なぜかと言うと、葉酸の果たす役割が、妊娠初期に最も重要になるからです。

この話は当然、妊活中であったとしても例外ではありません。

妊娠発覚後から葉酸を摂り始めるよりも、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように、妊活中を始めた早めの段階で、食事やサプリによる葉酸の積極的な摂取を意識しましょう。

妊活中の方に、ぜひ読んでいただきたいのですが、妊活中には亜鉛が大変重要な働きをしますので、忘れずに摂取するようにしましょう。

なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、健康的な卵子を成熟させるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。

また、亜鉛の効果は女性に限らず、妊活中の男性にも効果があります。

それは、亜鉛の摂取によって健康的な精子の増加をサポートする効果があるのです。

亜鉛は妊活中の夫婦の心強い味方です。

ぜひご夫婦で亜鉛摂取を試してみてください。

妊婦や妊娠を希望する女性にとって、葉酸は必要不可欠な栄養素です。

実際に国民の健康に関する業務を管轄している厚生労働省が適切な時期での十分な摂取を呼びかけています。

体内に入った葉酸は、水溶性であるために尿などに混じって排出されています。

ですから、体内に蓄積するということはありません。

それでは、どれだけ摂っても問題ないのかと言うと、そうでもありません。

葉酸を過剰に摂取すると、副作用(呼吸障害・発熱・かゆみ・吐き気など)を引き起こす可能性があるそうです。

葉酸サプリは簡単に葉酸の摂取が出来る妊婦の心強い味方ですが、過剰摂取に注意して、提示された規定量を必ず守るようにしてください。

ストレスは不妊と切っても切り離せない問題です。

生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、子宮や卵巣の機能が低下することがあります。

早く赤ちゃんを望む周囲の期待や過度な緊張感が不妊治療という不慣れな状況とあいまって負担になることも少なくなく、一度、負のサイクルに陥ると気苦労ばかりで、良いことはありません。

周囲も本人もおおらかな気持ちを持つことが不妊治療には大いに助けになると思います。

実際に妊娠してから葉酸を積極的に摂取し始めた、という妊婦さんのお話をよく耳にします。

ここで疑問なのは「いつまで摂取を続けるべきなのか」という事ですよね。

例えば、赤ちゃんのためだけに葉酸を摂取している方は、葉酸摂取の期間を出産までと限っても構いません。

ですが、葉酸は妊娠中の母胎をサポートしてくれるだけでなく、普段の生活においても体のバランスを整えてくれるなど、人体にとって必要な栄養素でもありますから、葉酸の摂取を続けることで毎日を健康的に過ごすことが出来ますので、出産後も葉酸を意識して摂取するのをお勧めします。

あわせて読むとおすすめ>>>>>子供はマグネシウムサプリを飲める?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です