低価格のSIMを使うことができれば

iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。

docomo回線の事業者であれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。

auやソフトバンクのiPhoneはそのまま利用することはできません。

そんな時は、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。

一般に、帯域が太ければ一気にアクセスが増加しても、速度が低下しにくく、設備投資がしっかりしていれば、通信データを安定して供給できるので、混雑時でもユーザーがストレスを感じにくい、と言われています。

このようなことから格安SIMベンダーを選ぶ場合は、料金だけでなくきちんとしたサービス品質を提供できるサービスを選定する必要があることが分かります。

スマホや外でも接続できるタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。

Softbank、au、ドコモなどのキャリアが販売しているスマホやタブレットは、他のキャリアのSIMカードを使えないSIMロックというものが設定されています。

しかし端末にSIMロックがかかっていても、docomoの端末の場合は、ドコモの回線を借りている事業者の格安SIMを利用することができます。

安くデータ通信ができる「格安SIM」。

月額1000円前後の格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。

高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。

SIMカードとは、docomoでは、UIMカードKDDIでは、auICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードと呼ばれているIC型のカードのことです。

携帯電話に、大手キャリアのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、より安い料金で使えることが多いため、最近よく話題に挙がるようになりました。

ドコモや最近はauなどもとうとう格安SIMの提供を始めています。

格安SIMはちょっと不安という方や、これだけで使っていけるしっかりとしたサービスがある格安SIMを探している人は、docomoやKDDIが提供している格安SIMを選択するというのもありですね。

低価格のSIMを使うことができれば、携帯代の削減ができます。

au等ですと6000円以上かかる料金が、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと月額1000円以下という費用になることも。

ここはひとつ、見直しを考えてみても良いと思います。

格安のSIMを売っている多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。

よって、製品スペック上の速度は最大でも150M程度など、どこも同じような感じになっています。

とはいえ、速度を実際に計ってみると会社によって違うことが分かります。

一例を挙げるとランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。

いろいろな仮想移動体通信業者も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。

なぜかというと通信の速度は、回線の帯域である太さと設備のところに影響を受けるということがあります。

「データ回線帯域の太さ」と「通信の設備」は仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

実際にはスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、インターネット接続できないのです。

それは、端末側でネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

おすすめサイト⇒格安SIMでかけ放題を実現。無制限プランはあるのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です