高い栄養価で有名になったモロヘイヤ

皆さんご存知のように、妊娠とビタミンの一種である「葉酸」は切り離せない関係の二つです。

その理由は、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。

当たり前ですが、妊娠を希望する妊活中の方にも言えるでしょう。

実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。

ですから、妊娠しても問題の無い母体になるために、妊活中から葉酸を摂るように意識しましょう。

お金のかかる不妊治療はゴールが見えず、精神的な疲労も相当なものです。

自治体から助成金が支給されますが、40歳程度を基準にして給付する回数を減らすことが一般的に行われているようです。

治療を始めた年齢を考えると40歳以上といってもまだまだで、支給回数を減らすのはナンセンスだと感じます。

私だって来年には四十になるので、色々なものに追い詰められているようで、落ち込むことが多くなりました。

一般的に、多くの葉酸を含んでいると言われる野菜は、小松菜や菜の花、近年高い栄養価で有名になったモロヘイヤなど、青菜の野菜です。

妊娠が発覚してから、早めにこうした食材を食べるようにしましょう。

葉酸は赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減するそうです。

とはいえ、毎日たくさんの野菜を摂取するのは大変ですよね。

そんな時には他の食材で補っても構いません。

例えば納豆やホタテといった貝類も、葉酸を多く含んでいる食材ですので、こうしたものを摂取するのを勧めたいものです。

妊活中は、ホルモンバランスを正常に整えることにも気を配る必要があります。

ヨガはダイエットやスタイルキープのために行うと思っている方も多いかもしれませんが、妊活にも大変効果が高いのです。

ヨガによって血行が良くなると、ストレスの解消にもつながります。

さらに自律神経が整い、すなわちホルモンバランスも正常に整っていく、ということです。

「妊活 ヨガ」で検索すると、妊活に適したヨガの動画が見られますから、ヨガ教室などに通わなくとも、ご自身の都合に合わせていつでも始められます。

軽く運動する事で、新陳代謝を良くし、体をほぐすことに繋がります。

こうした運動は体と心のバランスを整え、健康に繋がるので、ぜひ妊活中の方にチャレンジしていただきたい妊活です。

第一子がなかなか出来ず、不妊治療に通い、現在は妊娠三ヶ月です。

赤ちゃんが欲しいと思い始めてから2年。

健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、妊娠しなくて、こればかりは神様次第かなと思いました。

でも、同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。

産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、排卵誘発剤の服用を始めると、そう時間をおかず妊娠することができました。

病院に根拠のない抵抗感を持っていたのは間違いでした。

もっと早く来たかったですね。

近年、妊婦の摂取における有効性に注目が集まっている葉酸は、お腹の中の赤ちゃんの先天性神経管異常の発症リスクが減少することが認められています。

このような研究結果から、妊婦が葉酸を積極的に摂ることを厚生省が認めており、妊婦に対して摂取を呼びかけています。

実際に葉酸サプリや補助食品として販売されているものの中には、トクホ(特定保健用食品)に指定され、妊婦に特に利用されているといったことも多いそうなんです。

不妊に効果のある食べ物というと、手近なところでは豆腐・納豆、魚といった和食の基本的な食品でしょう。

卵、ブロッコリー、ごまといった食材のほか、好き嫌いは分かれますがレバーにも妊娠に欠かせない栄養素を含むので、意識して食べたい食品に入ります。

しかしそればかり食べれば良いというわけではなく、多くの食材から栄養をとるのが理想であることは間違いありません。

一方、妊娠を妨げる可能性のある食品群は避けるようにしましょう。

妊婦にとって、葉酸の効果的な摂取時期は、妊娠前から妊娠3か月だと言われています。

この期間は葉酸の十分な摂取が最も重要な期間であることは、疑いようがありません。

それでは、妊娠後期の妊婦には葉酸が要らないのかと言うと、そんなことはありません。

赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、妊娠前から妊娠3ヶ月までの間が最も注意する期間ですから、この期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという訳です。

葉酸はあなたも知っての通り、妊娠を希望する方や妊娠中の女性にとって不可欠な栄養素です。

ですが、妊娠中は葉酸だけに気を配れば良いのかと言うと、そうではありません。

葉酸は、それ単体では体内での吸収率が悪いために、サプリを選ぶ際のポイントとしては、葉酸以外の栄養素が複数配合されたサプリを選びましょう。

具体的には、25種類前後の栄養素が含まれたサプリであれば栄養をしっかりと補給できますし、それぞれの成分が効率的に働いてくれるでしょう。

こうしたサプリは胎児の健やかな成長に働きかけるだけでなく、妊娠しやすい体を作る基本の栄養素でもありますから、妊娠を計画している女性はサプリの利用を考えてみてくださいね。

葉酸の摂取について、最も理想的なのは食事で無理なく摂取できるというのが理想的かと思います。

具体的に、葉酸を多く含む食品は、モロヘイヤに含有量が多い事は有名ですし、菜の花や小松菜などにも多く含まれています。

あるいは納豆や枝豆などの大豆製品、ホタテなどの貝類も該当します。

ですが、こうした食材を毎日調理して食べるのが大変だという方は、無理をせずサプリメント等を活用するのがおススメですね。

サプリは厚生労働省によって推奨されている葉酸の摂取法ですから安心です。

サプリを活用すれば、毎日の食事での摂取の負担なく、葉酸を摂取できます。

よく読まれてるサイト⇒カルシウムサプリ 子供

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です